アイドリングストップ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_2482_1.JPG

トラックの世界にもやってきた。
アイドリングストップ機能。

どうやら、停車状態でブレーキを踏んだままクラッチペダルを離すとエンジンが止まるようだ。
発進するとき、クラッチペダルを踏むとエンジンが掛かる。
こんなので燃料が節約できるのだろうか。
ただバッテリーに負担が掛かっているとしか思えない。

私はトラックの場合、この機能をオフにして走っている。
前述したとおり、バッテリーに負担が掛かるからである。
バッテリーが弱っているクルマだと、少々発進がモタつく。
あまり良い機能とは思えない。

逆に閑居に負荷がかかる機能だと思うけれど、実際はどうなのでしょうか。