セグウェイ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_7604_1.JPG

初めて乗ってみた。
上手く乗れるまで時間が掛かった。

乗りこなすと楽しい乗り物である。
前に体重を掛ければ前に進み、後ろに体重を掛ければ後ろに進む。
走るよりは遅いけれど、歩くよりは速いスピード。
15km出るとのことなので、トラクターぐらいの速度にはなるのかな。

ただ、私有地のみで公道を走ることは出来ない。
これに乗って買い物・・・なんてことは出来ないのである。
まぁこんなの、公道走っていたら危ないよな。
歩道だとコケる人続出するだろうし、車道だと邪魔だ。

でもちょっと欲しいかも・・・。

友人とのお昼休み

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_7482.JPG

友達が家に行って良いかと言う。
別に良いけれど・・・昼休みは1時間だけだよ。

牛皿を持って、友人はやってきた。
牛丼ではなく、牛皿である。
友人はアルコールストーブ仲間。
米は自分のアルコールストーブで炊くものだ。

友人の炊く米は美味しかった。
それに対して、自分のは何だか水っぽい。
まだ自分のアルコールストーブは改善していないな。
友人のものと見比べても、何が悪いのかは分からない。

1時間だけ話して、友人は帰っていった。
また来ても良いからね・・・!

キャンピングカーごっこ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

友人とトレッサ横浜に行ってみた。
クルマが沢山置いてある、ショッピングモールである。

やっぱり興味を持つのはこの辺。
商用車をカンタンなキャンピングカーに改造したもの。
キャンピングカーまでは必要ない。
ただ、少し外で遊べる程度のクルマが良い。

友人は数千万の高級車に憧れているようだが、私はこっちかな。
高級車に乗っても、何もない。
キャンピングカーだと色々と遊ぶことができる。
毎週末楽しみが出来るではないか。

今は子育て中なのでミニバンだけれど、将来はこんなのに乗りたい。
出来れば自分で作りたい。

等々力渓谷

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_7378_1.JPG

写真部の集いで行ってみました。
世田谷にこんな所があったとは・・・。

遊歩道を歩く。
短い公園だった。
けれど、写真を撮るスポットは沢山あった。
やっぱりカメラは楽しい。

ただ、一緒に行った友人は面白くない様子。
カメラ仲間なのだが、彼は静岡から来た。
「こんな所、静岡には沢山あるよ」
撮る場所がそこまでなかったようだ。

田舎だとこんな場所が沢山あるのね。
人も少なそうだし良いなぁ。

アルコールストーブ 4

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_7346.JPG

毎日この乳酸菌飲料を飲んでいる。
胃腸が悪いわけではない。

ウコンの力の缶で作るアルコールストーブが良いとのこと。
だが、お酒を飲まない私にウコンの力は必要ない。
そこで、同じような缶のこの製品にたどり着いた。
これなら良いかなと。

この缶で作るストーブは良かった。
米も美味しく炊ける。
だが、もう少し・・・火力が欲しい。
そう思い、毎日改良をしている。

もう1度友人に助けてもらうかな

oakley

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_2205.JPG

渋谷にオークリーのディーラーが出来ていた。
吸い込まれてしまった。

オークリーのサングラス(アイウェア)は凄く良い。
出会いは原宿の店舗だった。
「こうしてハサミでレンズを叩きつけても、傷はつくけれど貫通はしません」
そう言って、見せてくれたのが始まりだ。

また、デザインもなかなかの好み。
ファッションというより、スポーツな感じが好きなのだ。
ただ、装着してみるとどうも似合わない。
太ったからかもしれない。

この日1本買いそうになったが、もう少し痩せてからにするかな。

アルコールストーブ 3

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_7344_1.JPG

翌日、仕事が終わるころに友人が来た。
アルコールストーブを見てもらった。

「あぁ、これ高さが高すぎるね。五徳との距離は4cmぐらいが良いよ」
「この穴大きすぎる」
などなど。
色々とご指摘があった。

他にもアルコールストーブについて色々と教えてくれた。
端材で作れるのが大きい。
ガスストーブは1つ数千円から数万円するので、なかなか増やすのが難しかった。
けれど、アルコールストーブは安いから、キャンプで2コンロや3コンロ等が気軽にできる。

アルコールストーブ、しばらくハマりそう。

アルコールストーブ 2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_7341_1.JPG

翌日、昼休みにアルコールストーブで米を炊いてみた。
20cc入れて、米1合を炊いてみる。

米は炊けた。
だが、全然美味しくはない。
アルコールストーブの性能の問題だろうか。
凄く美味しくない昼ご飯だった。

アルコールストーブを作ろうとしたキッカケは、友人である。
彼女は「私はアルコールだから、時間が掛かるんだ」とよく言ってた。
そんな面倒なストーブ使わないで、ガス使えば良いのに・・・なんて思っていた。
けれど、影響されたのは私の方だった。

彼女に助けを求めてみた。

アルコールストーブ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_7331.JPG

毎日、昼休みに米を炊いている。
いつも自宅のガスコンロで炊いているのだが、何か変化が欲しいところ。

そこで、アルコールストーブを自作してみた。
空き缶を加工して終了。
ただ、不器用な私が作ったもの。
本当に使えるのだろうか。

アルコールを入れて、チャッカマンを手にして、伸ばして目をつぶる。
やっぱり押せない。怖い。
勇気出して、点火してみた。
ボッと音がして、火がついた。

これで本当に米が炊けるのだろうか。

40年前のバイク

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_2173.JPG

バイクで走っていると、前に原付が3台でツーリングしていた。
行先は同じ道の駅だった。

チャンプと初期型のJOG
どれも40年前に流行った原付である。
3台共同じ箱が付いているところが良い。
「これ昨日一緒に買ったんです」とのこと。

もっと話せばよかったと後悔。
3人は何の仲なのか、バイクはどこで手に入れたのか・・・等。
古い原付に乗るスタイルも悪くない。
私に維持する腕(修理する腕)があれば・・・だけれど。

「今度私たちカブ3台とキャンプ行きませんか」
なんて言っておけば良かったかな。