古い鉄筋コンクリートの物件

自宅のリフォーム

2017年2月12日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

お風呂場のリフォームがはじまった。

■1日目 ニナ担当
(さらに…)

自宅のお風呂

2017年2月11日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

数年前から住んでいる古い物件。
かなり快適であるが、1つ気になっている箇所がある。

自宅の風呂
風呂がボロい。
(ブログ初公開。家の風呂です)
1人で住んでいるから良いと思っていたが、今は結婚して2人暮らし。
それだけでなく、ニナさんが家に来てからお客さんが泊まる機会が増えた。
俺とニナさんは良くても、お客さんにこの風呂は抵抗があると思う。

ただ、リフォームに踏み切れない理由が1つあった。
建物が古いので、建て替えの可能性があること。
100万円かけてリフォームしたのに、翌年「建て替えします」なんて言われるとあまりにも悔しい。
それが昨年、建て替えが10年見送られたので、リフォームを決意した。

まずは業者選び。
とりあえず某若いおじさんKの顔が浮かんだが、知り合い(それも大先輩レベル)にワガママは言えないのでパス。
入居時にお世話になった業者も、対応があまりにも良くなかったのでパス。
色々と探し、3つの業者から見積を取ることにした。

■業者A
「これだとユニットバス入れたほうが良いですね。この浴室に入るユニットバスは特注になりますので、総額200万円となり・・・」
⇒建て替えが近い物件に200万は出せない。パス。

■業者B
「これでしたら、壁にパネル貼れば良いんですよ。ユニットバスじゃなくて、ユニットもどきです。これならこれぐらいで・・・」
⇒対応が良かったので、ほぼ確定。

■業者C
「こんな感じになります」
⇒業者Bに決めかけていたが、住んでいるマンションでよく見かける工務店でも見積を取ってみた。
いきなり完成図を見せられ、「本当にこうなるんですか!?」と聞き返してしまった。かなり綺麗な仕上がり。業者Bより少々高いが、かなり期待できる。

業者C、コンペに勝ちました。
AもBも刃が立たないレベルである。

マンションの工事申請で揉めたりして(管理組合側の許可がなかなか下りなかった)、1月末に工事開始。
よりによって寒い時期だ・・・。
工期は2週間、その間爺様の家の風呂を借りる。
また、俺とニナさんで休みを取りながら、立ち会う生活が続くこととなる。

さぁ、家の風呂はどうなるか。

ウォシュレットのリモコン

2017年1月11日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

リモコン
トイレのリモコンにある、電池切れ予告が点滅した。
この壁についているリモコンは電池で動いている。
それを知らずに、会社のウォシュレットが動作しなくなったと修理を呼んだのが俺の父親である(笑)

しかし今回、電池の消耗が早かったな・・・。
前回変えた時は、確かニナさんと同棲する前。
つまり2人で住みはじめたので、リモコンを押す回数も2倍となり、電池の消耗が早くなったのか。
そんなことを考えながら、壁から外して電池蓋を開けてみると・・・

液漏れ
おいまたか。
なんだ・・・家の機器の中で液漏れ流行ってんのか?
(時計、テレビのリモコン、ラジオ、ウォシュレットのリモコン)
そりゃ電池切れ予告も点滅するわ。

接点復活剤
とりあえず外して、ウエスで液体を全て拭き取り、接点復活剤で端子を磨く。
その後、裏蓋のネジを外してカバーを外す。

回路
こんなところも汚れていたりする。
全て拭き取って接点復活剤。
ひたすらゴシゴシと、掃除をして完成。

マンガン電池
新品のマンガン電池をセットする。
100円均一で8~10本100円で購入できる時代。
電池も安くなったものだ。

元通り、トイレにセットして交換完了。
早く気が付いて良かった。

俺は作っていない

2015年5月30日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

トイレの棚
自宅のトイレには、前のオーナーが作った棚がある。
予備のトイレットペーパーを置いたり、掃除用のシートを置いたりと便利な棚である。

けれど、自宅に来たゲストがこの棚を見て笑う。
「噂通り、不器用だなぁ・・・」、「ちゃんと寸法見ろよ」などなど。
俺は言われる度に「これ作ったの俺じゃない」と言っている。
(なかにはそう思っても口に出さない人もいるかもしれない。)

左側
ツッコまれる箇所はこの左端部分。
線の通り切れておらず、またそれ以前にこの穴自体必要ない。
パイプを交わそうと空けたのだろうけれど、寸法が足りなくて結局意味の無いものとなっている。

メーカーのサポートセンターは、よくある質問を纏めて取扱説明書やWebサイトに載せたりするもの。
なので俺もそれにならって記載した。

落書き
「これは前オーナーの作品であり、私の作った棚ではありません」
これでもう言われることはないでしょう。
・・・逆に「何書いてるんだよ」と突っ込まれるかな。

GW最終日

2015年5月6日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

玄関にある大量の靴を何とかしようと、下駄箱を作ることにした。
玄関横のスペース
玄関のすぐ横にあるこのスペース。
元々キャンプ用品を入れていた場所だったのを片付けた。
ここを下駄箱にする。

木材
コーナン(関西ではホームセンターの代名詞)で板を4枚にカット
これを1枚1枚、水平器を見ながらL字の金具で付ける

完成
そして完成。
下から3枚目が上手くいったかな。

収納
長さが中途半端なのは、銀マットのような押入れに入らないものや、玄関から直ぐに出したいスケボー等を入れるため。

あとはニナさんに任せる。
玄関スッキリするかな・・・。

時計だらけの家

2015年4月13日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

俺からニナさんへ
6年前、友人の彼女であるニナさんにあげた誕生日プレゼント。
俺もニナさんも、プロダクトデザイナー深沢直人さんの雑貨が好きなのでこの時計を選んだ。

ニナさんから俺へ
その翌年、ニナさんからもらった誕生日プレゼント。
俺がニナさんにあげたものの色違いである。

2つ
・・・まさかこの2人が一緒に暮らすことになるとは。
時計、2つになってしまった。
俺の部屋は各部屋時計があり、もう飾るところがない。

時計
なので2つと、ニナさんの家の玄関に飾ってあったものも併せてキッチンの壁に飾った。
こうして横に3つ並べると世界時計みたいだ。
でも今の生活は日本時間が分かればそれで良い。
なので
日本時計
俺の実家がある関西、今住んでいる関東、ニナさんの実家がある東北の時間をそれぞれ表示。
もちろん全て一緒である(笑)
まぁでも、2人とも実家に電話する時「寝ている時間じゃないかな」と確認するじゃないですか。
どれも一緒だけれど。

こんな事をしつつも、部屋は着々と片付いてきた。
人が呼べるようになるのは早くて5月かな・・・。

自宅の台所

2015年4月9日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

ニナさんが住むようになったので、部屋もニナさんのことも考えなければならない。
タオルの位置や収納スペース、トイレの便座の設定等。
やることが沢山ある。

ブラインド
この日は台所を少し改良した。
まずは窓にブラインドを設置。
ここにはカーテンすらなく、丸見え状態だった。
(左半分は曇りガラスだが、右半分は透明のガラスがはまっている)
風呂から出たニナさんがトップレスで部屋を歩き回るので、流石に何かつけなければと・・・。

次に収納場所を増やす。
物が増えたので、台所に簡単な棚を作った。

棚
100均の網を切ったり、タイラップで繋いだりして完成。
網だからホコリも溜まりにくい。
ただ重いものを載せると耐えられないかもしれない。

さぁ、次は押入れをやらなければ・・・。
荷物整理はまだまだ続く。

寝室のリニューアルとロフトベッド解体

2015年3月1日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

寝室としている部屋を整理した。
ベッド
俺はロフトベッドで寝る生活を10年続けた。
目覚まし時計を地面に設置すると、朝それを止めるためにベッドから降りるので二度寝防止として凄く良かった。
今回、老朽化に伴い解体。

ベッドがなくなると部屋がスッキリしたので、ついでに部屋のものを全て出して大掃除。
ガムテープの跡
引っ越し時に誤ってガムテープを床に転がしてしまい、それを剥がす際に付いた跡。
剥がすのが面倒なので2年間そのままだった。
この機会にパーツクリーナーで綺麗に剥がした。

ワックス後
ワックスを二度がけした。
本物のフローリングはこれが大変。

パイプハンガー
通販で購入したポールハンガー。
「最短で3月2日お届けになります」なんて言われていたのだが、某運送屋のおっちゃんが「2日指定ですが間違って持ってきちゃいましたーテヘッ」とこの日に届けてくれた。
何故”最短”で希望しているのに、わざわざ2日を指定して出荷したのかが理解に苦しむ。

パイプハンガー設置後
床と天井で突っ張るタイプなので、倒れにくく安全。
板を貼れば部屋のパーティションとして使えるかもしれない。

パイプベッド積載
解体したベッドはタントの荷台に全て入った。
爺様が補強して棚を作るとのことなので、持って行った。
次はどのような使われ方をするだろうか・・・。

非常ベル

2014年12月21日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

非常ベル
自宅は古いマンションなので、非常ベルが付いている。
押してみたいけれど、押すと近所迷惑なこのボタン。

先日、「非常ベル点検のお知らせ」と回覧板がまわってきた。
ついに・・・ついに押すときが来たか。

非常ベル分解
でも1つ気になる点がある。
押したらどのようにして復旧すれば良いのだろうか。
よくある非常ボタンには蓋を開けたところにスイッチがあったり、ボタンを引っ張ったりして復旧するのだが、このボタンにはそれらしきものが見当たらない。
近所の方に聞いたところ、復旧するための鍵があるとのこと。

鍵
その鍵をお借りしてみた。
(なんでウチの鍵は無いんだ・・・。)
これをスイッチに差し込んだらやっと復旧となる。
なので、もし鳴らしたらドライバーでスイッチを分解した上に専用の鍵を差し込まなければならない。
(強盗に襲われたときなど、加害者が簡単に復旧できないようにしているのだろうか)

ボタンを押したら、外でジリリリと大きな音が鳴った。
「点検以外で押したこと無いし、鳴っているのも聞いたことがない」と、ここに50年住んでいる方が数名話していた。
どうせ出番が無いなら別の使い方ができないだろうか。
朝7時に鳴る時報ベル・・・なんて。

電気工事

2014年4月26日 naoki8800 古い鉄筋コンクリートの物件

台所の天井にある蛍光灯は、シーリングコンセントではなく天井に直付けされている。
なので取り替えることができない。

「それって線を差し替えればいいだけでしょ?簡単じゃないか」
と思うかもしれないけれど、日本の法律では電気工事士の資格を持つ人しかやってはならない。
簡単なことであっても、資格を持っていないのであれば業者に依頼する必要がある。

昨年、業者に依頼しようとしたところ、工事費+パーツ代+出張費で凄い金額になったので諦めた。
それからしばらくして、俺の前に工事士が現れた。
もっさんのカブ
角刈りの友人、もっさん。
彼が電気工事士の資格を持っていた。

工事中
彼はドヤ顔で工事士の免許を俺に見せてから、工事開始。
直付けの照明器具を外して100Vの太い線を切って、古い建物の配線事情に苦労して・・・。
シーリングコンセント
台所に憧れのシーリングコンセントが付いた。
これで好きな照明器具を付けることができる。

また、洗面所も同様にやってもらった。
(何故か6畳の部屋を照らせそうな大きな照明器具が直付けされていた)

さぁ、どんな照明器具を付けようか。
あえてシーリングファンとか付けてみるかな。
(嘘ですやりません)

———-
彼の仕事はビルやホテルの施設管理。
なのでビルの裏事情やホテルの面白い客など、面白い話をいくつも持っている。
彼にキャンプを薦めておいたので、機会があれば是非。

« Previous Posts

Powered by WordPress and HQ Premium Themes.